2015年7月30日木曜日

東内惣構堀(2) 九人橋 味噌蔵町小学校 小将町中学校

東内惣構堀(1)に続き、味噌蔵町交差点方向に歩いていくと、広い通りに出る。ここの脇に「旧味噌蔵町」の標柱がある。名前の由来は、藩政期に軍用(?)の味噌蔵が建てられていたからという。


























大通りを渡ると「段坂印判店」の横に東内惣構堀の跡が見えるが、この辺りに「九人橋」があった。
ここにも門番がいて、「九人橋」は「十人並んで渡ると九人の影しか映らない」という伝えから、その名が付いたという。現在は、兼六園から西田家庭園に流れ、東内惣構堀を通って、浅野川に流れる「九人橋川」として利用されている。




















この先は、開渠となって住居と高い塀の間をぬう細い流れとなっている。塀の向こう側は高台となっているので、土居であった名残がある。


























私の学生の頃に、この塀の上に「北陸鉄道」のバスの車庫があったと思うが、よく定期券を買いに来た記憶がある。




















そして、「味噌蔵町小学校」の前で直角に曲がっている。


























ここにある「味噌蔵町小学校」は100年以上の歴史があるが、来年に「材木町小学校」と統合されるという。町の中の小学校は、だんだん少なくなるが、これも少子化のせいである。建物の耐震化により、「小将町中学校」の横に新しく建てるということを聞いたことがある。私たちの頃は、「味噌蔵町」と「材木町」の児童は「兼六中学校」へ、「此花」、「瓢箪」、「馬場」の児童は「小将町中学校」へ行っていたという記憶があるが、今はどういう区分けになっているのであろうか?




















階段を上がり、「兼六大通り」を渡ると、「東内惣構堀」の標柱が立っており、その向こう側に流れがあった。そして大きな建物の「小将町中学校」とグランドがあった。
この学校も大変伝統があり、明治14年に金沢区高等小学校として今の旧四高跡にあったが、その後、長町高等小学校に変わり、そして現在地に移り、戦後に「小将町中学校」となったという。ここには、一時、文豪の徳田秋声や室生犀星も学んだという。





















グラウンドでは、真っ赤なユニフォームを着た野球部の選手が20~30名ほどが一生懸命練習していた。そういえば、今は午前中なのに部活をやっていたので不思議に思い、ネット裏から選手に聞いて見たら「午後に試合があるから特別練習です」と言っていた。サッカーだけでなく今も結構野球少年がいるのだなあと思った。私たちの中学生時代は大変野球部に人気があった。




















このすぐ裏に、お地蔵さんが祀られていた。「地蔵橋子安地蔵尊」といい、この地蔵尊は子供の病気、その他いかなることも祈誓願すれば必ず成就するので、本尊に拝花を供えて信仰したという。
この地蔵は加賀八家の「奥村内膳」が橋下に埋もれていたのを地上に安置したという。
町中にこういう「地蔵さん」があると心が和んでしまい、ついついお参りしてしまう。




















中学校の裏に「小将町」の標柱が立っていて、藩政期、藩主の身辺を護衛する小姓頭や小姓組の侍がここに置かれていたからという。この辺りが東内惣構堀の始まりの場所であったらしい。



2 件のコメント:

  1. 「味噌蔵町」の標識・・・で即座に思い浮かびました。
    過去に何度も通過・下車した「熊本・味噌天神」!

    熊本市に熊本市電停留所に「味噌天神前」があります。
    熊本市電の2系統
    A系統:田崎橋~熊本駅~辛島町~通町筋~味噌天神前~健軍町
    B系統:上熊本駅~洗馬橋~辛島町~通町筋~味噌天神前~健軍町)
    で繁華街(通町筋)~水前寺公園前の間に主要停遺留所として存在します。
    また、熊本空港(阿蘇くまもと空港)から熊本市内までの空港連絡バスでも停留所の一つです。
    (県庁前~味噌天神前~通町筋~交通センター~熊本駅)

    熊本市観光情報サイト「満遊くまもと」では
    「味噌天神」(本村神社)
    味噌にご利益がある全国唯一の神社
    「日本で唯一味噌にご利益がある」といわれる神様をまつった神社で、約1300年前に建立されたものです。
    和銅6年(713年)に悪疫が流行した際、平癒を祈願して「御祖天神」を御祭神としてまつったのがはじまりとされています。
    その後、国分寺で大量に腐ってしまった味噌を美味しい味に変えたという言い伝えから「味噌天神」と呼ばれるようになりました。
    毎年10月25日には例大祭が開催され、味噌のプレゼントやみそ汁の試食などが行われます。
    と記載されています。 
    http://www.manyou-kumamoto.jp/contents.cfm?type=A&id=151 より。

    今では「お味噌」と言ってもあまり重要な食品とは思われていない様ですが、昔は「なくてはならない!隠れた逸品」だったと認識しています。

    昔、海外で日本食が普及していない頃に長期海外出張に際し、「インスタント米」と「インスタント味噌汁の元」を持参し
    身体の疲労が激しい時・食欲不振時に「魔法の栄養剤?」として食べた・飲んだ・・・結果元気出て働けた!
    魔法の薬!でした。
    昔の人も同様だったのではと勝手に想像しております。

    返信削除
    返信
    1. 「熊本・味噌天神」は味噌にご利益があるということをはじめて知りました。面白う話をありがとうございます。金沢には「お酒の神様」の松尾神社や「生姜の神様」の波自加彌神社などがあります。全国にはいろいろな神様がいるものですね。また、面白い情報を教えてください。

      削除