2014年1月27日月曜日

片町商店街(2) 犀川大橋から片町交差点

前回に続いて、犀川大橋から片町交差点に向かって右側を歩くと、「片町KDビル」、「片町コアビル」や「オーロラビル」などのビルが並んでおり、向かい側に「片町エイトビル」、「片町一番館」、中央通側に「エルビル」がある。各階に5~10軒位のスナックバーや飲食店がひしめき合っていて、北陸隋一の歓楽街といわれるところだ。




















私の会社に行っているときは二次会などでよく利用したが、最近は飲み会に行っても一次会で帰ることが多く、こういう店へ行くことは少なくなってきた。年だからしょうがないね。




















「オーロラビル」の2、3軒となりには老舗のおでん屋「赤玉」がある。東京にいたころ、帰省した際、昔の店に何度か入ったことがあるが、赤いのれんで間口が狭く、奥の深い店だったという印象がある。今はビルになって2階では宴会ができ、会社に行っているときに飲み会で入ったことがある。




















今日は、平日の午後3時ごろに店を覗いてみると、既におでんが食べられ、飲むことができるようだった。この時間帯では珍しい。




















その隣の「きものサロン金澤紅屋」に入った。ここは3年位前にできた新しい店で、加賀友禅などの振袖を販売、レンタルしているところだ。店の若い女性の店員に「お孫さんにですか」と言われてしまった。




















振袖の販売は10万円~、レンタルは6.8万円~と販売でもレンタルでも値段に大きな差がないようだった。そんなに着る機会(成人式や結婚式など)があまりないからそうなんだろう。ヘアメイクから写真撮影まで行うトータルな店だ




















「エルビル」の1階には「パチンコ屋」があるので、ちょっと覗いて見たら多くの人がパチンコをやっていた。商店街に人はあまりいなかったが、ここだけは活況であった。平日の午後だからシニアの人が多いが、なかには若者も何人かいた。玉の入った箱を積み上げてやっている人も多くいた。
私は学生時代から20代前半の社会人のとき少しやったが、ほとんど儲かったためしがないので、その後まったくやっていない。今はパチンコのマシンもすっかり変わってしまった。
パチンコ屋のタバコのもうもうとしたにおいやあの騒音はきらいである。




















「エルビル」の横の小路の向かいには今はコンビニになっているが、私が学生のころに何度か入った純喫茶「ぼたん」があった。何年か前に長い間やっていたおばさんが高齢になったので店を閉めたらしい。
ここは幕末の映画になった「武士の家計簿」に出てきた「そろばん侍の猪山家」の家があったことを聞いたことがある。ここから、今は尾崎神社になっている「御算用場」まで通っていたことになる。

より大きな地図で 片町商店街2 を表示

0 件のコメント:

コメントを投稿