2017年5月6日土曜日

金沢城 鶴の丸休憩館

今回は、金沢城公園の中にある「鶴の丸休憩館」が最近リフォームされたということで見に行った。(4月23日)




















ここは、金沢城の歴史や見どころを紹介するとともに、新たに飲食できるコーナーが加わった。従来は写真や説明版が掲げられていたが、今回は大きなディスプレーで、椅子にゆっくり座って城と庭の四季などを見ることができる。




















また、金沢城の歴史絵巻がビジュアルに展示され、金沢城の変遷が見ることができる。自分の知りたい情報をを選んで見ることができるタッチパネルもいくつか備えられていた。最近はタッチパネルで多くの情報を知ることができるように文化施設の説明が変わってきている。金沢城についてのクイズなどもあり、子供たちも楽しめるようになっている。




















最近、金沢城の二の丸絵図についての本が金沢城調査研究所から刊行されたが、その二の丸に関しての絵図なども紹介されていた。いよいよ二の丸御殿再現が本格化してきたのか、たいへん待ち遠しい。


























椅子が置かれた「休憩スペース」からは、大きなガラス越しに「橋爪門続き櫓」や「鉄砲狭間」などが見える。




















「豆皿茶屋」という喫茶スペースが新しくでき、石川名産の「和菓子」「洋菓子」「お寿司」、「お茶」などが頂ける。




















早速、窓側の席に座ると「菱櫓」、「五十間長屋」などの壮大な建物が見え、素晴らしい眺めである。




















ここで「コーヒー」を頼んだら、山中漆器のお盆に載った小さなお菓子とコーヒーが九谷焼の器に入って出てきた。ここでのんびりするのもよい。




















まだ木のにおいが残る地元の「能登ヒバ」を使った天井など木材建築もすばらしい。




















この休憩館の前には、以前は他の場所にあった三種類の石垣の積み方のサンプルと鉛瓦やナマコ塀、鶴丸土塀などの内部の作り方が分かるサンプルが展示されていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿