2016年1月31日日曜日

2016雪景色の兼六園(1)

ようやく昨日(1月25日)金沢に21cmの積雪がありました。昨日は久々に家の前の「雪かき」に負われました。今日は、一転して朝から青空が見え、今年は、もうあまり見れないかと思い、雪景色の兼六園を見に行った。午後になったので、既に気温が上がっていて、かなり溶け始めていた。
金沢の地名の由来となっている「金城麗澤」




















前田家の先祖といわれている「菅原道真」を祀ってある「金沢神社」




















梅林にあった小さい赤い実がなっていた


























雪とのコントラストがきれいな「八重寒紅梅」




















まだわずかにしか咲いていなかった「白加賀」




















梅林の雪吊された木々と小川と「時雨亭」。全体的には梅はもう少し時間が経つときれいに咲くだろう。




















水面が凍っている「瓢池」




















「瓢池」にある「海石塔」と「翠滝」付近




















噴水付近




















「桜が岡口」付近に咲いていた「ことじ椿」

0 件のコメント:

コメントを投稿