2016年1月4日月曜日

正月の金沢観光地の風景(1) 長町武家屋敷、尾山神社、玉泉院丸庭園、金沢城

今回は、金沢の主な観光スポットとして有名な場所を巡り、お正月の風景を紹介します。
昨日は、元旦で尾山神社の初詣に出かけたが、今日も冬には珍しく天気のよい日になった。それで金沢の観光地の正月休みがどのような様子か見たいと思い、徒歩と周遊バスを利用して巡った。まず、長町武家屋敷に行ったが午前10時ごろだったので、まだ人は少なかった。
武家屋敷の土塀と大野庄用水




















一般公開されている1200石の武家屋敷跡「野村家」の前




















加賀藩の中級武士が暮らしていた武家屋敷跡の土塀には雪から土塀を守るための「薦がけ」が掛けられている。




















ここで唯一の藩政期の武家の子孫が住んでいる「大屋家」
土塀の屋根から出ている大きな松の木




















「金沢職人大学研修館」は開いていなかったが、玄関に立派な門松が並んでいた。




















昨日の元旦はものすごい人だったが、今日はそれほどでもない「尾山神社」




















「尾山神社」内にある庭園




















「尾山神社」の裏と「玉泉院丸庭園」をつなぐ「鼠多門と鼠多門橋」の明治初期の写真が掲げられていた。これが間近に再現着工される予定だが、どんなものが出来るか楽しみだ。




















昨年春に江戸時代の庭園が再現された「玉泉院丸庭園」








































金沢城の三の丸からの菱櫓、五十間長屋、橋爪門続き櫓、橋爪門




















兼六園側から見る石川門。正午近くになり、この辺りから人が増えてきた。




















今冬は、2,3回ちらちらと雪が降っただけで、1回も積もらないで正月を迎えたのは、私の記憶にはない。地球温暖化の影響がますます進行しているのだろうか?


2 件のコメント:

  1. 兼六園の雪景色も見応えがあるはずなのですが、「今冬は、2,3回ちらちらと雪が降っただけで、1回も積もらないで正月を迎えたのは、私の記憶にはない。」と書かれている通り年始の金沢は快晴でのお正月風景(尾山神社初詣と正月金沢観光地風景から)は、大賑わいだったと思います。
    今日の朝刊の記事に金沢の年末年始の人出は「北陸新幹線金沢開業の効果と好天の影響とみられる」と県金沢城・兼六園管理事務所担当者の話しと航空各社は「小松-東京」の搭乗実績が前年比65%~75%と減少。兼六園は7万7500人で過去2番目の多さ、金沢城は平均の約2.7倍(3万9800人)で開園以来最多だったそうです。
    観光客が滅多に訪れない場所は例年通りだが「雪景色」ではないのがちょっと寂しかったのではと想像してます。

    返信削除
    返信
    1. タイや台湾など雪の降らない南国から来る旅行者も多いはずですが、ポスターに載っているような雪景色が見れなくがっかりする人も多いのではと思います。この暖冬が、これからだんだん続いていけば、雪景色の兼六園のポスターも替えなければならないのではと危惧しています。

      削除