2015年8月30日日曜日

大鉄道展(石川県立歴史博物館)

今回は、夏休みも終わりに近づいているが相変わらず熱いので、孫二人を連れてのんびりと「石川県立歴史博物館」で開催されている「大鉄道展」に行ってきた。(8月22日)




















今回の「大鉄道展」は「石川県立歴史博物館」のリニューアルオープン記念と北陸新幹線金沢開業記念ということで開催されている。


























昭和39年の東海道新幹線開通から北陸新幹線金沢開業まで何と50年かかってしまった。東京ー大阪間の「北廻り新幹線」の構想は昭和40年代に既にあったから、非常に遅れていることになる。金沢ー大阪間はまだあと何年かかることやら分からない。私の生きているうちにはできないのではと思ってしまう。

特別展では、現在までに走っていた、あるいは走っている新幹線、特急電車や蒸気機関車などの模型が展示されていた。新幹線ではE0系からW7など、いろいろな色、形のものが展示されていた。




















東京の会社にいる時に出張で「東海道新幹線」は何度も乗ったので愛着がある。昔の「東海道新幹線」のブルーの座席が展示されていたが、なんとも懐かしい。流線型の「のぞみ」は乗ったどうか記憶がない。




















急行「能登」は東海道線周りの「夜行寝台列車」で、これも何度か乗った。ちなみに信越線周りの寝台特急「北陸」というのもあった。




















特急電車の先端に付いている看板が展示されたいた。「はくたか」は北陸新幹線が開通する前の「ほくほくせん」経由で越後湯沢まで走っていた特急で、非常に馴染みがある。また、特急「白山」は信越線経由で東京まで走っていた。








































下図の「こだま」の特急電車は東海道新幹線ができる前のものであろう。幼児用の絵本「のりもの」が飾ってあったが、私の子供の頃にもよく見たのを覚えているが、現代の幼児も「のりもの」の絵本はやはり変わらず大好きで孫もよく見ている。




















「三明駅ジオラマ」があったが、ここは知る人ぞ知る駅でなんとも懐かしい。「羽咋駅」から出ていた「能登線」の終着駅で、学生時代に「巌門」へ行った時に、ここまで電車で来て、その後バスで乗り継いで行った記憶がある。断崖絶壁で、その頃「松本清張」の「ゼロの焦点」の舞台となった所だ。
また、「能登線」に乗って「柴垣海岸」にも何度か海水浴で来た。




















鉄道ジオラマ模型が置いてあり、二つの電車が自分たちでスピードを上げて動かしたり、駅で止めたりツマミ一つで体験することができ、孫が楽しそうに電車を走らせていた。




















また、レールを繋いだり、ミニ電車を何両の連結して走らせるおもちゃも、飽きずには長く遊んでいた。




















このイベントに併行して「石川県立歴史博物館」内で「ミニコンサート」が開かれていて「バイオリン」などの美しい音色を奏でていて、多くの人が聞き入っていた。金沢の文化館に入ると、土、日にはこういう企画が多くなってきていて文化都市にふさわしい趣をだしている。

2 件のコメント:

  1. 大鉄道展での「北陸鉄道・能登線 三明駅」ジオラマと説明を読み、
    小生も45年程前の昭和46年8月のお盆に羽咋駅~「志賀町」間を往復した事を懐かしく思い出しました。
    北陸鉄道・能登線は翌年廃止されましたので、運が良かったのかと思います。
    その後、羽咋から国鉄・七尾線・能登線で終点の「蛸島」へ。
    今、NHK朝ドラ「まれ」で度々出てくる能登半島をぐるっとバスを乗り継ぎ「輪島」へ。
    「輪島」から金沢へ。金沢~米原~東京と社用出張を兼ねた大旅行?でした。
    ちなみに、当時の金沢~東京の切符が残っており、料金を見ましたら乗車賃¥2,390 金沢~米原間急行料金 ¥200 でした。
    輪島を朝出発し金沢~東京でした。切符が何故輪島~東京ではなく金沢駅で金沢~東京を買ったのか不明です。
    (輪島駅で東京までの乗車券購入が普通ですが、列車が少なくバスで金沢までだったのかも?)
    残念ながら、東京駅で新幹線乗換改札口で新幹線特急券は渡しましたので米原~東京 新幹線料金は不明です。
    参考までに、現在 金沢~米原~東京の乗車賃は ¥9,610 (昭和46年頃の4倍です。)、北陸新幹線では乗車賃 ¥7,340 です。
    当時、東京から金沢へは、信越線回りは時間がかかるので新幹線利用の名古屋か米原経由でした。

    昭和45年10月から国鉄(日本国有鉄道)が Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)と称し旅行を盛んに薦められていた頃で
    国鉄駅や観光地に「Discover Japn」と書かれたスタンプ台にハンコが置かれ、訪れた記念の印として捺して記念にしていました。
    現在も各地に残っていると思いますが、手元に当時「羽咋駅」「輪島駅」で記念に捺したのがありましたが、残念ながら「金沢駅」のは見つかりませんでした。
    この各地のスタンプを捺す手帳が「鉄道弘済会」から発売されていました。
    ちなみに、スタンプは当然ですが「輪島駅」は「輪島塗」のお椀(お椀の模様に能登半島と波が)「羽咋駅」は下記記載の気多大社が描かれています。
    手帳内には「全国の有名行事カレンダー」のページがあり
    昭和47年6月13-14日 加賀百万石まつり(金沢市尾山神社)と昭和46年12月16日 鵜祭(石川県羽咋市気多大社)の記載があります。
    当時はたったの2日間でしたが、近年「加賀百万石まつり」は開催日数が増え更に盛大になっているのではと思います。
    国鉄路線図(多々存在しています。)には 加賀温泉 動橋 粟津 小松 寺井 金沢 津幡 倶利伽羅 石動 高岡 (北陸本線)
    宝達 羽咋 金丸 能登部 七尾 和倉 穴水 甲 鵜川 宇出津 能登小木 松波 珠洲 輪島(七尾線 能登線)の駅名が記載されています。
    北陸新幹線開通し、今では廃線や第三セクター路線となり日本国有鉄道時代を懐かしく思う次第です。

    金沢駅(多分北陸新幹線が入っている!)・兼六園等名所に置かれているスタンプの図案には独特の物があるのではないでしょうか?
    折を見て載せて頂けたらと思います。 大鉄道展には無かった様ですね。

    返信削除
  2. 45年くらい前に出張の帰りに金沢、能登半島を巡ったのを、懐かしく詳しく書かれていますね。また、石川県内の鉄道駅名をよく覚えていて感心しました。私は同じ45年前に「のと鉄道」の能登線(穴水から蛸島)に一度だけ乗って「恋路海岸」まで行きました。夏休みに私の友人と一緒にそのまた友人の両親が民宿をやっていたのでそこへ行きました。ここの能登線は単線で一駅一駅の間が短く「穴水」から「恋路海岸」まで2時間近くかかった記憶があります。そのころ「ディスカバー・ジャパン」ということで電車の中も人がいっぱいでした。今は「能登線」は廃止になりさびしい限りですが、最近、新幹線の影響か観光客が増え「恋路海岸」でお祭りが復活したというニュースを見ました。もう一度能登を巡ったらどうですか。
    スタンプの件は、また機会があったときに見に行きます。

    返信削除