2015年5月4日月曜日

北陸新幹線初乗 東京観光(5) 上野動物園

北陸新幹線初乗 東京観光(4)の続きで、東京スカイツリーからシャトルバスに乗って上野公園まで行き、そこから歩いて「上野動物園」に行った。ここは、最初は私が小学校6年生の時、そして、2回目は息子が幼児の頃に二人を連れてきた30年位前くらいで、今回は3度目かなと思う。
ここ「上野動物園」は明治15年に日本最初に開園した動物園で、園内は東館と西館に分かれているが、今回は時間の関係で東館だけを見ることにした。




















まず入口近くにお目当ての「パンダ館」があったので、そちらのほうに行った。しかし、こちら側に背を向けたままごろんと寝ていた。あの笹を食べている愛嬌のある動作を見たかったが残念である。
中国との国交正常化された1972年に「カンカン」と「ランラン」が初めて上野動物園に来たときは大変な人出だったことを思い出す。




















牙の長いアフリカゾウはタイヤを転がしていた。





















「コンドル」は飛べる鳥の中で世界最大の大きさで、羽を広げると3mもあるという。アンデス山脈に生息していて、そこでは神の使い、天に象徴として崇められているという。相当前に流行った「コンドルは飛んでいく」というサーモンとガールファンクルの曲は私もよく聞いたものである




















虎は黄色と黒縞の体をしていて、のっしのっしと歩いていていかにも怖そうだ。




















ゴリラの森の前でずっと待っていたが、なかなか出てこなかったが、隣にいた叔母さんが「今、飼育員が餌を撒いているから、もう少しで出てくるよ」と言ってくれた。そして、少し経つと数匹のゴリラがぞろぞろと出てきて、愛嬌のある動作を見せてくれた。この叔母さんは、よくこの動物園に来ているとのことで、いろいろなことを親切に教えてくれた。




















このライオンは百獣の王であるが、全く動いていなく怖さが感じられなかったが、もう相当の年なのか?




















次に「ニホンザル」のサル山に行った。ここでは多くのサルが、岩山やはしご、ロープなどを駆けずりまわったり、餌を取り合ったりして、これを見ているだけで楽しくなる風景である。特に、小さいサル同士がじゃれあっている姿は見ていても飽きない。孫も面白そうにずっと見ていた。




















続いて、「ホッキョクグマ」のコーナに行くと、飼育員が餌を投げていたので「ホッキョクグマ」が雪氷山?や水の中を駆けずり回っていた。
この「ホッキョクグマ」はぬいぐるみなどにもよくあり、愛嬌のある顔や動作をしているが、温暖化の影響で北極海の氷も少なくなり、絶滅も危惧されているので保護活動がなされている。




















内の孫もこの「ホッキョクグマ」が非常に気に入ったらしく、「ホッキョクグマ」の激しい動きに付いていき、あちこちの覗き窓を駆けずり回っていた。


























上野動物園を出るとすぐの所に、馬に乗った像があった。この人は「小松宮彰仁親王」で、会津征伐の総督として戊辰戦争に従軍した人だという。のちに日本赤十字社の初代総長になり、赤十字活動に貢献されたという。




















また、「国立西洋美術館」があったが、実はここができた頃の55年位前にここに入ったことを覚えている。そして建物の前に見えたロダンの作品の「カレーの市民」があったのを見たのを懐かしく思った。他に「地獄の門」や見えなかったがロダンの「考える人」などがそのままある。




















帰りは、北陸新幹線は上野駅から乗ることにし、上野駅のホームでは東北新幹線や上越新幹線など先端の形や色も違う新幹線を見た。




















新幹線の「グランクラス」には乗れなかったが、車内で「グランアグリ」というビールと「ほたるいか」のつまみでいい気分になって帰路に着いた。


2 件のコメント:

  1. 東京スカイツリーの高さ634mは所在地(東京・武蔵の国)と語呂合わせで
    「む(6)」「さ(3)」「し(4)」になった・した との説があります。
    スカイツリーの高さは・・??・・「武蔵」で思い出せます。金沢だと「加賀」ですが、
    数で表すと?わかりません。
    大昔(57年前)には東京タワーはこちら杉並では建設途中頃から、ちょっと高台から見られましたが、建物が高層化するにつれ見る事が出来なくなりました。
    スカイツリーはあちらこちから見る事が出来ます。
    中央線・高円寺駅・阿佐ヶ谷駅・荻窪駅ホームの上り方向(新宿方面)を見ると架線と支柱の間に見られます。(架線と支柱が邪魔ですが。)
    更に、八王子の高尾山や高い建物から新宿方面を眺めると新宿の高層ビル群の先に見られます。
    スカイツリーには何時でも行けば登れる(初期には要予約でしたが)と思っていますので、登っていません。
    更に、東京タワーに至っては下迄行く機会は多々あるものの、同じ理由で登っていません。

    恩賜上野動物園(通称:上野動物園)にパンダ(大熊猫)が1972年(昭和47年)に中国から来ましたが見物客が多く見物出来ませんでした、いや見に行く気がしませんでした。(やはり、何時でも行けば見られる!の安易な考えから。)
    昭和50年春に社用で中国・上海へ出張時に「上海動物園」で直に(ガラスに仕切られずに)大熊猫(パンダ)を見る機会を得ました。
    外国人が大熊猫を見に来たので飼育員が笹を投げ与え大熊猫が座って食べているのをゆっくり見させてもらいました。
    かなり後に子供達を連れ見に行きましたが、「気の向くままのんびりと・・・」ではありませんでした。
    ちなみに、「大熊猫」はパンダですが、「熊猫・小熊猫」はレッサーパンダです。

    今回の北陸新幹線初乗と東京見物(?)はお孫さん・お祖母さん・お爺さんの3人旅行で楽しかった事と想像しています。
    特に、男の子なので「乗り物」に興味があったのではないでしょうか?
    東京は色々な乗り物(金沢では見られない モノレール・水上バス・JR電車・私鉄電車・ゆりかもめ)に加え北陸新幹線に乗る事が出来喜んでたのではないでしょうか。
    男の子ですので、興味があったのでは? 両親に東京で・・・に乗った!と自慢話しているのでは。
    地下鉄・銀座線:日本初の地下鉄、電車でパンダグラフが無く 線路が3本ある に乗らなかったのは残念でした。
    お孫さんの良い思い出となった事でしょう。 でも何時まで・何歳までお祖母さん・お爺さんと東京へ行ったを覚えているのかな?

    「GRAN AGRI」ビールと「越中・富山 ほたるいか」つまみではなく何か東京にふさわしいツマミはありませんでしたか?
    「酒が飲めれば・酒が飲めれば 天国! つまみは炙ったいかが良いではなく 何でもOK」ですね。

    返信削除
    返信
    1. 親切なコメントありがとうございます。孫と一緒に新幹線に乗って、スカイツリーと上野動物園に行くことは2年くらい前から決めていました。楽しかったことはさることながら、無事に終わってホッとしています。
      これからは2時間半で東京へ行けますので、また機会があったら行きたいと思っています。貴方も、ぜひ家族や仲間と盛り上がっている金沢を見に来てください。丁寧にガイドします。

      削除