2012年12月28日金曜日

東京、鎌倉、箱根散歩(4)

次の日、藤沢駅前のホテルから箱根に向かった。
この日も大変気持ちのよい、天気のよい日だった。
関東地方に来てからの4日間はいずれも風もなく、絶好の旅日和である。
約1時間余車を運転した後、箱根の関所に着いた。








































ここは江戸時代の初めから明治に廃止されるまで、旅人の往来を取り締まって
きた所だ。
解体修理の報告書を基に再現された関所から当時の様子がよく分かった。
「大番所、上番休憩所」、「足軽番所」、「遠見番所」などを見て回った。




















次に芦の湖畔に立つ箱根神社に寄った。関東の守り神として崇められてきた各社は
鎌倉幕府の祈願所だったことから運開きの神としても名高い。








































また、隣にある縁結び祈願の九頭竜神社は若い人に人気という。
ここで、祈ろうと若い女性の後ろで待っていたが、何分経っても一向に祈りが
終わらないので、やむなく隣に移った。よっぽど何かの思いがあったのであろう。




















その後、富士山が見えるビューポイントに車を止めて、カメラを撮った。
よく箱根観光のポスターに出ている、富士山、芦ノ湖、遊覧船と箱根神社の鳥居が
一度に撮れた。こんなにきれいに見える富士山を見るのも久しぶりだ。








































帰りには新しくできた新東名高速道路を通ったが、非常に走りやすいという
感じがする。
駿河湾沼津にあるサービスエリアに寄ったが、建物は地中海の港町をイメージ
した外観だという。テラスから駿河湾が一望できた。
館内ではマグロの解体ショーなどもやっていたし、レストラン、コーヒー店、みやげ店
なども非常にきれいだった。
時間があれば、ここでゆっくり過ごすのもよいと思う。




















3泊4日の関東地方のドライブであったが、北陸道、信越道の大雪以外は
非常に快適なドライブであった。
冬に関東地方にいくのも悪くはない。また機会があったら行きたいと思う。

より大きな地図で 箱根神社 を表示

0 件のコメント:

コメントを投稿