2013年1月1日火曜日

兼六園の雪景色

新雪が10cmくらい積もったので、雪の兼六園を一度見たいと思って
出かけた。
何年も金沢にいるが、まだ雪の兼六園を見たことがなかった。

広阪から真弓坂を上がり、蓮池庭に行った。




















この辺は、兼六園の中でも一番先にできたところだ。
5代藩主綱紀の時代にでき、郷土の文人、室生犀星が兼六園で
最も愛した場所で、私も好きな場所である。




















雪をかぶった海石塔




















ここある夕顔亭は藩政期から残る唯一の建物である




















また、日本最古といわれる噴水は、霞が池との落差で上がる逆サイフォン
の原理を使っているが、この日はなぜか1~1.5m位しか上がっていなかった。
(通常は3.5m)




















兼六園のシンボルであることじ灯籠付近は、この寒さにもかかわらず
大勢の人がいた。日本人のような感じであるが、言葉は違っていた。
雪の降らない国の台湾人なのか、この雪に非常に感激しているようであった。
それ以外の人はほとんどカップルであった。雪の兼六園はロマンチックな
雰囲気があるので来たのだろう。








































兼六園から見た卯辰山




















春には300枚の花弁をつける菊桜も枝に雪がくっついて花が咲いて
いるようだ。




















雁が飛んでいるようにイメージされた雁行橋も寒そうだ。




















13代藩主斉泰が琵琶湖の松の名所「唐松」から種子を取り寄せて育てた
といわれ唐崎松の「雪吊」は冬の兼六園の最高の見所だ。
観光客が「雪吊」をバックにパチパチと撮っていた。








































霞は池に浮かぶ蓬莱島と内橋亭のコントラストも他の季節では
味わえない景色である。




















この季節の兼六園は、いつもと違った幻想的な雰囲気を見せるので
皆さんも一度は来てみてください。

より大きな地図で 蓮池庭 を表示

1 件のコメント:

  1. Nさん、こんにちは。テニス仲間の、あの上手なあの人です。ブログ拝見しました。こどもの頃近所のガキとよく遊んだところです。夕方薄暗くなるとそっと霞が池の鯉を釣りに行ったりした場所で懐かしく見ました。。
    冬は寒くて雪が多く、裏日本のイメージですが、片や地震はなく台風も来ないし、日照時間もさほど変わらないと聞きました。昨日年末年始を関西で過ごして帰ってきました。関西は元日特に快晴でしたが。
    金沢良いとこです。かなざわ万歳!

    返信削除