2016年12月9日金曜日

京都ドライブ(9) 京町屋散歩

京都ドライブ(8)の続きで、金沢には古い町家が多く残っているが、京都にも多く残っているのでどのように違うのか見たいと思い、「京町屋」を見に行った。古くから繊維の町と知られる西陣の方を歩いた。
















まず入ったのが「町家写真館」で、ここはある写真家の作品を展示する築130年以上の町家である。間口が狭く、奥行きが長い「ウナギの寝床」といわれる典型的な町家である。


























作り付けの収納階段とレトロな電話の周りに写真が展示されている。ここで、今日出来上がったこの人の写真集の本「大徳寺塔頭 聚光院」を買ったら、「第1号の人」と喜んでくれた。今から本屋に行って並べてもらうところだ」と言っていた。


























レトロな釜炉や井戸、まき、樽などが置かれた台所で、玄関から片側が土間で、奥の「坪庭」までつながっている。
















四季折々の風情がある木々や灯篭、飛び石などがある「坪庭」


























その斜め向かいの町家に入ったら、現在も「京友禅」をやっている作家さんの家だった。
















部屋には、西陣織(?)の振袖と、ここの息子の嫁が石川県の人だと言っていたが「花嫁のれん」が飾られていた。
















やはり奥には「坪庭」があり、部屋の横には天井が高く、大きな梁が通っている台所があった。2階の障子窓や換気のための「天窓」が見える。










































ランチに、近くの町屋を改造したカフェ「フォーカルポイント」という店に入った。
















店の中には天井が高くて、大きな梁が張られている広いスぺースが食事処になっていた。
1階はお客さんがいっぱいで、狭い中2階のテーブル席に座った。多くの梁が張られている町屋の建物の中が見えた。
















ここで、「チキンのソティー」とガラスポットにはいった生野菜を食べた。
















ランチ後、近くにあった西陣産地問屋「富田屋」という店舗と奥の住居からなる明治期の京都の町屋の典型的な建築物であるという家があった。ここは説明もしてくれるということであったが、結構高い拝観料ということで入ることをやめた。ちょっと見てみたかったが。
































この辺りを歩いていると、雰囲気のある町屋がいくつか見ることができた。ここの玄関には黒い格子と白い漆喰に壁に提灯が掛かり、灯篭のある前庭に、屋根付きの井戸などがあった。

2 件のコメント:

  1. いつも楽しみに見ています。

    どちらが、良いかは個人の感覚ですが、スマホ写真はデジカメ写真より「ワイド感・奥行き感」があり良いと思います。
    画像比率はスマホ→16:9 デジカメ→4:3(標準)です。
    スマホでの写真サイズの設定があるかも?です。

    今回の京町家散歩で、町家写真館で購入した写真集「大徳寺塔頭 聚光院」見応えがあったのでは。
    ここ「町家写真館」のホームページでは住所が昔風に京都市上京区大宮通元誓願寺下ル と記載されています。
    住所表記が昔のままで、現代表記ではありません。
    この町家写真館を訪ねた時は地図を片手にと思いますが、この昔ながらの住所だけでも容易に探せます。

    京都はご存知の通り道が碁盤の目に作られました。
    住所は最初にその場所が面する通り名、近くの四つ辻(交差点)の通り名と四つ辻からどの方角かで示しています。
    方角は、東(東入)・西(西入)・南(下る)・北(上る)で示します。
    京都の中心「御所」から遠ざかる南へは「下る」、近づく北へは「上る」です。
    これらは、京都市内でも限られた地区で通用する表記です。
    町家写真館は「大宮通元誓願寺下ル」ですので、「大宮通り」に面し、「大宮通り」と「元誓願寺通り」の交差点(四つ辻)から下る(南)方向です。
    逆に「元誓願寺通大宮東入 か 西入」(この表記では上る・下るはありません。)は、元誓願寺通りに面し「大宮通り」と「元誓願寺通り」の交差点(四つ辻)から東方向か西方向となります。

    簡単な表記ですので、道案内に適し、道(通り)と方角を間違えなければ容易に目的地へたどり着けます。
    次に京都を歩く時に、住所で探し訪ねるのも楽しいのではないかと思います。
    ぜひ、試してみて下さい。

    ちなみに、郵便番号を知るには「町名」が必需ですので、「大宮通元誓願寺」や「元誓願寺大宮」では探せません。
    ここは、「北之御門町」ですので、郵便番号がやっとわかります。
    念のため、この様な昔の住所表記に加え町名や番地を加えた表記もされています。
    余談まで。

    返信削除
  2. 「御所」から離れるのは「下る」、近づくのは「上がる」の住所の表現は面白いですね。地図をよく見ると、細い通り1本1本に名前がついているのですね。
    ゆっくり歩いてみたいと思うが、なかなかですね。「聚光院」の写真を眺めていると、侘び寂の趣のある所で、一度は訪れたいところですね。「利休」の墓もあるんですね。

    返信削除