2016年12月29日木曜日

信州ドライブ(1) 北国街道 高田宿付近

今回は、加賀藩が参勤交代で使った「北国街道」について、現在何か残っている場所を巡りたいとうことと、内の者が久しぶりに軽井沢へ行きたいということで、2泊3日で信州地方にドライブに出かけた。(10月下旬)
北陸高速道路の「上越インター」を下り、一般道路に入り、まず向かったのが「加賀道」と「奥州道」の追分の碑がある場所である。
この辺りは、高田の街並みで、全国有数の豪雪地帯で商店街の人の通路が雪が降っても歩けるように庇が長く突き出た「雁木」(がんぎ)がある場所である。この雁木は江戸初期からあるという。
金沢は、最近あまり積もらなくなっているが、この辺りはどうなのだろうか?




















その追分の碑が建っているところを、この周辺で何人かの人に聞いたが、知らないと言われた。たまたまその日に「高田を巡るウォーキング」のイベントを開催していた「町屋交流館」で聞けばと言われ、やっと場所を知ることができた。この碑はもとは別の場所にあったが、交通の弊害になることから、この宇賀魂神社の境内の一角に移されたという。




















続いて、「高田城」に行った。ここは石垣を持たない土塁づくりの城である。福井城とともに前田家を抑える城として1614(慶長19)年に江戸城を手本として築城されたという。初代城主は松平忠輝で、縄張りと総監督を伊達政宗が担当したという。




















二の丸から本丸に架けられていた木造の反り橋の極楽橋が、発掘調査をもとに2002年に再建された。




















輪郭式平山城で外堀に囲まれた城壁は、220m四方の本丸囲む形で二の丸、三の丸、北の丸が配置されていて、関川、矢作川、別所川などの川跡を利用されている。北国道や旧北国街道の接点に近い交通の要所にある。




















築城当初は二階櫓であったが、1993(平成5)年に高田城のシンボルとして三階櫓の外観が再建された。








































高田城の藩主松平家と将軍徳川家の関係する家系を見ると、初代藩主松平松平忠輝は徳川家康の6男であり、その後、1624年に藩主となった松平光長は徳川秀忠とお江の孫で、加賀藩4代藩主前田光高と従姉妹になる。徳川御4家となると高田藩が入るという。




















外堀は、明治に入って食用の蓮根を採るために蓮が栽培され、東洋一の蓮と呼ばれた。









「北国街道を歩く」より










この近くに、日本のスキーの発祥といわれるレルヒ少佐を招いた髭の長岡外史はこの付近にある旧師団長官舎の庭に建つ。











「北国街道を歩く」より


4 件のコメント:

  1. 高田の街並み(町並み)を見て昔を思いだしました。
    豪雪地、高田の古い町並みは降積った雪が道へ積まれ、車の走行は出来ないが人は「雁木」の下の雪が無い道を、横断するには雪山の階段を登り降りで可能でした。
    「雁木」があれば人の移動は容易ですが、道幅が狭いので豪雪時、車の走行は不可能です。
    40年程昔の正月開けに仕事で東京から高田へ移動した時の体験と見た情景です。
    上信越地方大雪で列車は上野~高崎~長野~高田~直江津(信越線経由)だが、長野~直江津間が雪で運休。
    列車は高崎から上越線を経由で高崎から長岡へ長岡でご存知の通り列車の進行方向が変わり(前後逆)直江津へ到着。
    駅で高田へは?と聞いたら「路線バスで振替」でしたが、路線バスも普段なら直江津駅前からなのが、街中豪雪でバスが駅まで入れないので雪道をバスの営業所まで歩いた。
    何とか高田駅にたどり着いた。仕事先へはタクシーでなのだが雪のためタクシーがない。
    更に、高田~新井への路線バスで目的地へ到着。
    道の両端は雪の山。バス停の所だけちょっと雪の壁をくり抜いた状況で、バス停が雪の壁からちょっと頭だけ出ていた。
    バス停でバスを待つ時は道端ではなく、雪山に登ってでした。
    豪雪時ではなく、高田城址の夜桜見物も風情な情景であった事を付け加えます。
    北国街道自体は道幅が狭く、要所要所で見学だったと思います。
    次を楽しみにしております。

    返信削除
  2. 私は、冬の上越地方を経験していないので分らないのですが、金沢での38豪雪のような状態が毎冬あったのだろうと想像します。あの時は、屋根の雪下ろしを2回やったので、狭い通りは歩くのが大変でした。バスも動かなかったので、学校に行くまで1時間歩いたことを記憶しています。仕事での出張は大変だったことがしのばれます。暖冬になった現在でも、高速道路の新井、妙高付近は雪が多いので運転するときは緊張しています。

    返信削除
  3. 高田の町並み写真で道路の中央部分がアスファルトではなくコンクリートと中央部に何か黒い模様が横に並んで見られます。
    金沢では見かけないと思いますが、この中央部分は雪国ならでは、なくてはならないある機能?が付けられています。
    これは北国の豪雪地域ならではの機能を有しています。
    この中央部分の地下には水のパイプが埋設されています。これで何をするのかおわかりかと思います。
    冬になると地域の方は必ず長靴!着用(必需品)です。
    北海道では融雪水を流すと凍結するため使用していません。
    初冬か晩秋に、主要道路で融雪水が出るか、ノズルが詰まっていないかの確認を行い夕方に水を止めた。
    夜間この水が凍結し車がスリップし事故が発生した事があるとタクシーの運転手さんから聞きました。
    春先には道路中央部が融雪水の鉄分で黄色に変色しているのが見られました。
    街歩きでは色々とその地方独特な情景が読み取れます。参考まで。

    返信削除
  4. 地下水を利用した融雪装置のことですね。実はこれは、金沢では随分前から設置されています。現在では、金沢の幹線道路、小路でも中心部の人がよく歩くところ、坂道などには付いています。私の家の近くのような郊外の小路にはまだ付いていませんが。雪が降った時には、これによりずいぶん助かっています。
    実は、これは私が東京に行く前、約50年近く前くらいから試作的に付け始めていました。北陸地方の都市の中では長岡市がトップで、金沢市もかなり早い方です。付けた当時は、特許の問題で長岡市と少しもめていた記憶があるのですが。雪があまり降らない東京人などにとっては、何だろうと思う人が多いと思います。

    返信削除