2015年11月26日木曜日

兼六園の紅葉 山崎山 瓢池

今回は、兼六園の紅葉が見ごろということと、明後日から天候が荒れると聞いたのであわてて行ってきた。(11月23日)
兼六園では、山崎山と瓢池付近が特に紅葉がきれいということでそこを中心に行った。
山崎山の下の苔庭








































紅色、黄色、緑色のモミジの葉が混在している。




















ここは辰巳用水が山崎山の下をくぐって兼六園にはいってくる所である。




















ここから兼六園内を曲水となって流れる。この辺りは深山の趣があり、6勝のひとつの幽邃の呈をなしている。




















下の木橋付近から山崎山の上にある茅葺の御亭方向を見る。




















御亭から曲水方向を見る。




















小立野口付近から山崎山の登り階段方向を見る。深紅に色づいた葉



























瓢池の翠滝付近の紅葉。まだ少し早いのか?ここのモミジは11代藩主冶脩が京都の紅葉の名勝の滝田、高尾、小倉山などから移植したものだという。




















豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に加藤清正が持ち帰り、豊臣秀吉に献上され、その後、豊臣秀吉から前田利家に送られたという説がある海石塔と翠滝と紅葉




















深紅に染まった葉越し見える霞が池と内橋亭




















霞が池に浮かぶ蓬莱島の紅葉

0 件のコメント:

コメントを投稿