2014年12月30日火曜日

年末の武蔵が辻界隈(1) 近江町市場 ル・キューブ 

年末の武蔵界隈を散歩した。
この辺は、来年春に新幹線が開業するということで、金沢駅と観光地の金沢城・兼六園あるいは東山茶屋街の通り道になるので、いろいろ工夫を凝らして人を呼び込もうと変わってきているところだ。まず、近江町市場の様子を見に行った。やはり年末・年始の休みなので、地元の人や観光客で一杯だった。




















高価なカニや大きな寒ぶりを買って、持ち帰りや送るだけでなく、最近では気軽にその場で食べられる手ごろな値段のカニや魚介類が売られていた。








































内子が独特な味で人気のコウバコガニ丼屋さんの前には長い行列ができていた。




















アマエビがたくさん詰まったコロッケや、蛸コロッケ、カニコロッケなどが売っている店の前にも多くの人が買い求めていた。




















近江町市場の市姫口の向かいには、箱を積み立てたような変わったデザインのビル「ル・キューブ金沢」がある。ここは長い間空きスペースの土地であったが、今年の春にようやく菓子製造会社の「だいいち」(加賀市)がマンションと店が入る複合ビルを建てた。武蔵を活性化できるであろうか?




















この場所には以前「丸越デパート」があり、子どものころによく遊びに来たものである。次の写真は昭和の始めごろの「丸越デパート」で、今の「エムザ」のあるところに「田守呉服店」の店が見える。(もちろん、その頃は私も知らないが)
















「昭和の金沢」より




この後、1973(昭和48)年に現在の場所に「名鉄丸越」が移り、そして「スカイホテル」が建ち、この場所には「スーパーダイエー」ができた。












「昭和の金沢」より







「ル・キューブ金沢」の建物の中に入ると、お菓子屋の「金澤 福うさぎ」の大きな店が玄関近くにあり、五郎島金時を使った「紅白の福うさぎ」や来年の干支の羊をあしらった饅頭などが売られていた。その向かいには「花えにし」という「金澤棒茶」や地酒や雑貨などを売っている店があった。




















2階には、洋食の「ふくろ亭」や「はこまちダイニング メグ金沢」などレストラン、スィーツ・カフェなどの店があり、どれも今風の洒落た店だ。また、「バンケットルーム 東山の間」は結婚式や歓送迎会などの宴会に使われるという部屋もあった。






















0 件のコメント:

コメントを投稿