2014年12月6日土曜日

北陸新幹線金沢開業 カウントダウンフォーラム

今回は、北国新聞赤羽ホールで、石川県内の機運を高めるためのイベント「北陸新幹線金沢開業 カウントダウンフォーラム」が開かれるということで見に行った。(11月29日)開業まであと105日となる。
会場の前には「ひゃくまんさん」が出迎えてくれた。「ひゃくまんさん」は北陸新幹線開業PRマスコットキャラクターで、テレビでは何度も見たことあるが、現物は初めてだ。
からだに金箔をちりばめて、ひげは黒漆でできており、加賀友禅を身にまとい、久谷五彩をあしらったきらびやかな格好をしている。当初は派手すぎるとか「ひげ」があるのでかわいらしくないとかいろいろ意見が出ていたが、今は定着し違和感はなく、握手している人が多くいた。




















館内に入ると、既に多くの人が来ており、皆さん新幹線が来ることへの期待感があるようだ。




















早速、オープニングイベントとして、金沢三茶屋の芸妓さんによる「金沢芸妓の舞」ということで直木賞作家で金沢ファンの村松ともみさん作詞の総おどり「金沢風雅」を踊った。




















続いて、主催者代表の飛田金沢経済同友会と谷本知事の挨拶があった。
その後、野中雅志JR西日本金沢支社長が「北陸新幹線を活用したJR西日本の取り組み」という題で講演があった。
この中で、開業効果を最大化するためには、拠点となる新幹線駅からの二次交通をどうするかだと言っていた。このために、七尾線の観光列車「花嫁のれん」号には輪島塗、加賀友禅をあしらい、「のれん」をくぐった人が幸せになれるといったアイデアを検討している。
また、新設特急列車(リレー特急)の「能登かがり火」は金沢ー和倉温泉、「ダイナスター」(恐竜の英訳)は金沢ー福井などを走らせる。
来年から「白山スーパー林道」が半額になることから「白山、白川郷ホワイトロード」と称し、金沢、五箇山、白川郷、高山をバスで結び、また、富山と七尾をバスで結ぶことにより富山と能登の回遊性がよくなるなど交通網を形成することにより首都圏からの観光客を増やすことなどの話があった。
他に、コインロッカーの増設や手荷物宅配サービスの充実により「手ぶら観光」の促しや「置き傘」の設置の計画をしている。





















続いてパネル討論が行われ、高山純一金沢大学教授が司会をし、観光ボランティアガイドの喜多会長、輪島市番場崎商店の塩安専務、県酒造組合の中村会長などが開業効果を高めるために何をしているかを話した。
高山さんが「来た時どうなるのか分からないが今はワクワクしている」と言っていたが、私も同じである。
喜多さんは「育成には知識より人柄が大事」と言っていた。
外国人が増えるのは間違いないだろうから、観光ガイドには、少なくとも簡単な英語はできるようにしなければならない。(外国人が日本に来て一番不満なことは、コミュニケーションをとれる日本人が少ないことらしい)
中村さんは観光客が一気に増えても接客の質を下げないことが大事だと言っていた。




















いずれにしても、金沢市にとっては100年に1度あるかないかの盛り上げのチャンスである。「我が故郷」を愛するものにとっては是非このチャンスをものにしてもらいたいものである。

2 件のコメント:

  1. 昨今TVで兼六園の100年以上の杉の大木が雪の重みで倒れたとの報道がされていました。
    その際、雪吊りを施された松に適量(?)に雪が積もり見応えのある冬の景色でした。
    こちら、東京では小石川後楽園や六義園でも同様に松に雪吊りをやっと施していました。しかし、松の本数が少なくちょっと兼六園と比較が出来ません。
    松の枝の大きさにより雪吊りの傘(?)の大きさが大きく高さも高く見応えのある雪吊りになります。
    更に松が沢山植えられていると必然的に雪吊りの数も増え更に見応えのある風景だと思います。
    兼六園の雪吊りの方が見応えがあると感じています。

    寒く雪が積もっているので大変かと思いますが、「雪の兼六園」や雪積もる中を「ぶらり散歩」ではないと思いますが紹介して頂けたらと思っております。

    新地図を添付して頂いていますが、地図中のログイン文字の左側の拡大(?)をクリックすると
    新たに別画面で該当地図が開く様になると共に写真(航空写真)での展開も以前より楽で大変便利になっています。

    これから、日本海側は寒波襲来や大雪になる事もあるかと思いますが見ごたえ・読み応えある「ぶらり散歩」をお願い致しますと共に楽しみにしております。

    返信削除
    返信
    1. 12月上旬に20cmくらいの雪が積もったのは久しぶりではと思います。家の前の雪透かしをしたのですが、こんなに水分が多くて大変重たい雪は初めてで、ひどい思いをしました。兼六園の大木が折れたということですが、庭師としても、こんなことは経験したことがないと言っていました。
      雪吊りがされていても、雪が多いときは、庭師が棒で枝や葉をゆすって雪を落として、木が折れるのを防いでいるそうです。
      東京の小石川公園や六義園は兼六園と同じ様に特別名勝に指定されていますが、東京へ行ったときは、また,寄りたいところですね。
      「雪の兼六園」は一度このブログでも紹介したことがありますが、またチャンスがあれば違った角度で紹介したいと思います。
      新幹線が開通したら是非見に来てください。冬の魚もおいしいですよ。

      削除