2014年9月30日火曜日

香林寺

先日(9月18日)の新聞に、禅寺「香林寺」の彼岸花が見ごろであるという記事が載っていたので行って来た。ここは、最近「願掛け寺」として有名で、恋や結婚に効果があるということで若い女性など観光客が多くなってきている寺だ。
香林寺は、1653(慶安4)年に加賀藩家老の青木五兵衛が3台藩主利常に願い出て、長岩和尚を開山として建立された。現在の本堂は江戸時代末期に建てられたという。




















歴代の住職は病気や悩みに苦しむ人々を本堂左に安置される霊薬不動のお力を借りてお救いになられたという。ご本尊「釈迦無尼仏」でお参りしたが、カメラ禁止だった。





















本堂内にある地蔵菩薩も安置され「お子抱き地蔵」と呼ばれ、安産、子授け、子供に関する願い事を叶えるために多くの人が参拝されるという。地蔵のお腹あたりに小さな地蔵が乗っている。


























座敷には、友禅作家で人間国宝の木村雨山が子供と一緒にここに2年間くらいいたらしいが、願掛けが叶ったお礼に残した色紙が飾ってあった。








































座敷の奥から庭がきれいに見え、ここで住職が願掛けが叶う「幸福の道」と名づけられた庭の廻り方を説明してくれた。




















「幸福の道」には、十二支像と白不動が安置されているが、まず道を2周して、3周目に自分の干支の前に行き合掌してお参りし、最後に白不動さんで祈願すると叶うという。相手がいる場合は
そのお相手さんの干支にお参りするとよいとのことであった。




















干支の像には、恋愛や結婚祈願、健康祈願、合格祈願などの願いを書いた色とりどりのタスキがたくさん掛けられていた。


























白不動に触ると美白になれるとか。




















白不動の脇には、今が見ごろのきれいな白い彼岸花が咲いていた。





















より大きな地図で 香林寺 を表示

1 件のコメント:

  1. 金沢・香林寺の「白色彼岸花」綺麗ですね。(金沢の繁華街 香林坊!ではありませんね!)
    一般的に彼岸花は赤色が主で群生していますが、白色だけは珍しく何年も掛けて増やしたのではと思います。
    金沢市内・近郊でも「白色彼岸花」は珍しいのでは?

    「彼岸花」を「曼珠紗華(まんじゅしゃげ)」と洒落て(?)表現している関東で有名な場所があります。
    埼玉県日高市(西武鉄道・西武池袋線・高麗駅近く)に「曼珠紗華の里(巾着田)」と名付けられた場所があります。
    ここは、秋の彼岸頃に咲く曼珠沙華の群生が日本一の「巾着田」として www.kinchakuda.com/ で紹介されております。
    小生も彼岸の中日前(満開で絶妙の見頃でした。)に見て来ましたが、一面の赤い 曼珠紗華 綺麗でした。(白色の 曼珠紗華 極わずかでした。)

    一般的には「彼岸花」ですが、ちょっと気取った「曼珠紗華」更に「葉知らず花知らず」、「葉見ず花見ず」、「葉知らず花知らず」、「葉は花を思い、花は葉を思う」等の別の呼び方があり「相思花」とも言われています。
    確かに咲き始め~咲き終わりには茎の元には葉がありません。花が咲き終わると葉が沢山出て来て冬を越します。
    花から見れば葉は見られません!葉から見れば花は見られません!昔の人は良く表現したと思います。
    「彼岸花」は球根ですので球根分けする事で増やせるそうです。また、白色彼岸花は自生ではなく掛け合わせ球根を植えたようです。

    返信削除