2014年9月10日水曜日

東北地方南部ドライブ(8) 旧山形県庁、山寺

東北地方南部ドライブ(7)の続きで、次の日、山形市のホテルから山形県郷土資料館「文翔館」に行った。ここには「 旧山形県庁」と「 旧山形県会議事堂」がある。
大正5年(1916)年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りで、昭和50年まで県庁として使われていたという。昭和59年には国の重要文化財に指定された。花崗岩造りの洋館で、中央にレンガ造りの時計台を載せ、2階にはバルコニーがあるルネッサンス風の立派な建物だ。




















中に入ると、重要な会議に使われたという会議室の内装は大変豪華で、大理石や飾柱や天井の彫刻、シャンゼリアなどは見事なものであった。








































知事室




















中央の階段もすばらしい。




















展示室に大正時代の県庁内の会計課の風景が再現されていた。




















「 旧山形県庁」の横に「 旧山形県会議事堂」の建物があった。




















建物内部の議場ホールもすばらしい。




















石川県の旧県庁(現しいのき迎賓館)に比べてずっと立派である。この差はいったい何なんであろうか?(山形県はどちらかといえばマイナーな県だと思っていたが)ここも戦災にあっていないんですね。

続いて「 旧山形県庁」から、車で30分くらいで松尾芭蕉も歩いたという「山寺」に行き、ご利益登山をした。
駐車場は土産屋の横にずらりと多くあったが、できるだけ山門に近いところに止めようと思ったが、どこに山門があるか分からず適当に入り駐車した。
まず、山門に入ってすぐの所に「立石寺」があり、悪縁切りのご利益があるという。




















ここには立派な鐘楼もあった。




















歩いていく途中に「四寸道」といって、二つの岩石が両側にせり出していて、一番狭いところは14cmしかないところだ。




















「せみ塚」は芭蕉の「静けさや 岩にしみいる せみの声」をしたためた短冊をこの地に埋めて供養した石の塚のことをいう。


























「弥陀堂」では、そり立つ岩肌に彫られた供養碑が頭上にあった。室町時代のものである。




















山門から奥の院までの中間点での仁王門の左右に仁王像が安置されていた。




















山のてっぺんにある奥の院まで約900段で、ようやくたどり着いたがかなり疲れた。右側が奥の院で左側が大仏殿である。よくここまで歩いたという事で入念にお参りした。




















絶壁の途中に建てられている「胎内堂」という建物は現在入れないらしい。




















「五大堂」に入るとビューポイントがあり、のどかな風景が一望できる。すごい高いところまで上ったなあという感じだ。




















ぼけ封じ「おびんずるさま」というなで仏があったので、入念になでて来た。




















この山寺を登る中学生や高校生くらいの生徒がこの日は多くいた。
帰りに車を止めたみやげ物屋でそばとアイスクリームを食べて一服した。疲れたのでおいしかった。

より大きな地図で 文翔館 を表示


より大きな地図で 山寺 を表示

2 件のコメント:

  1. 鶴岡・月山・山形・山寺とまたまた昔なつかしいく思い出の多々ある地名です。

    鶴岡の思い出
    鶴岡へは仕事で上野から新潟経由の特急「いなほ」で冬の時期進行方向左手に見られた「どんよりと薄暗い日本海」と両側に雪積もった畑の真ん中を進むうらさびしい感覚にとらえられつつ、途中の「あつみ温泉」駅で途中下車し温泉に浸かって・・・は出来ませんでした。
    出張先で徹夜に近い仕事で、四苦八苦した・させられた思い出もあります。
    夕方、市内へ繰り出した時に「白亜の洋館」(どちらだったか不明)を見た記憶があります。(飲み屋を探している時でした。)
    鶴岡近辺では特産の「小茄子」を塩漬けし、からし粉を入れた漬け床に漬けた「小茄子の芥子漬け」が特産品でちょっとピリとし美味しいでした。
    鶴岡駅も旧国鉄の駅にみられた、駅は市街地の外れに作られ、駅裏には民家やたんぼが存在している風景でした。
    確か金沢駅も昔は同様だったのでは?小生にも記憶があります。

    月山の思い出
    月山へは天童での仕事の合間に月山スキー場まで行きましたが、梅雨時期でしたので、月山は見られませんでしたが、逆にかなりの量の雪が残っていました。春スキーの後でスキーリフト乗り場でした。2~3m位?
    当時は寒河江~鶴岡間の月山越え国道を作り変えていた時(月山近くのくねくねの山道でした。)でぬかるんだ道の工事現場(山形自動車道ではありません。)を通過しました。

    山形の思い出
    山形駅も裏手は鶴岡駅同様でしたが、新幹線が開通と共に駅舎も建替えられ立派な駅になりましたが、昔山形駅前の道路拡張工事中で砂利道を歩きホテルへ。
    旧山形県庁は仕事先(二ヶ所)が北山形駅の近くでしたので駅前のホテルから仕事先への行き帰りに前を通るのと同時に県庁の立派な高層ビルが駅正面の山裾に見られました。
    秋には駅前の果物屋(土産物屋?)で「リンゴ」をケースで買い美味しかった。

    山寺の思い出
    山寺(立石寺)、先の山形への出張の行き帰りや合間に(同行者が多々代っていました。)と旅行で何回一番奥の「奥の院」へ登ったか思い出せない程良く行った所です。
    途中の茶店から漂ってくる「豆こんにゃくの煮つけ」の匂い(臭いではありません。)、たまりませんでした。
    夏に行くと、芭蕉が詠んだ「閑さや岩にしみ入蝉の声」そのままだった事と麓の川の河原でバーベキューの煙が見られました。
    桜の季節は「兼六園の桜」「伏見川の桜」がブログの通り大変きれいで立派ですが、山寺ではちらほら山桜が咲くのと川の土手沿いに少し桜が咲いていましたが、桜の名所程ではありませんでした。

    これからの季節は「食欲の秋」となります。ぜひ、金沢だけでなく北陸地方の美味い物など紹介して頂けたら幸いです。
    過去のブログで書かれておられた「近江市場」についても「食欲の秋」にちなんで・・・如何でしょうか? 
    懐と身が許す範囲で結構ですので、一言二言宜しくお願い致します。 実際に食すのが一番ですが、写真と文字で味覚を感じ取る所存です。

    返信削除
    返信
    1. 山形県にはよく出張に行って、いろいろな所を巡ったのですね。よく覚えていて感心しました。仕事が終わった後の気分的に楽な、楽しい観光地巡りであったろうと思います。
      以前に四国の金比羅さんを上った時もたいへんでしたが、今回の旅行の中で、山寺は特に印象が残っています。
      これから寒くなってくると金沢の料理が一段とおいしくなります。また紹介していきますので、これからも定期的に閲覧してください。

      削除