2013年7月3日水曜日

橋場町、並木町界隈(2)

前回の続きで、すぐ近くに「浅野川稲荷神社」がある。
ここに「宝生紫雪終焉之地」と書いた碑が建っている。
能楽を広めた宝生紫雪は宝生流15代宗家で、11代将軍徳川家斉、
12代家慶(いえよし)の能の指南役だった。その後金沢に戻り、
弟子の波吉宮門(くもん)の世話で浅野川大橋付近の天道寺に滞在し、
門弟を育てたという。ここの宮司に聞いたら、ここの場所ではなく近くに
天道寺があったという。




















神社の横道に入ると、源太郎川が流れている「小鳥屋橋」がある。
(面白い名前なので私でもよく覚えている)
この近くのアパートに小説家の古井由吉が金沢大学のドイツ語の
助手をしていた時代に住んでいたという。
三八豪雪を題材にした「雪の下の蟹」や「踊り場参り」が有名である。
「踊り場参り」は徳田秋声の「町の踊り場」の舞台ををたどるもので、
そのダンスホールがあったところはここから歩いても6~7分のところだ。




















また、川沿いに戻り、少し歩くと、梅の橋付近には、今はマンションに
なっているが、「北国第一」と「北国会館」の二つの映画館が40年くらい
前まであった。
「北国第一」は洋画をやっていて、「ジョンウェイン」、「オードヘップバーン」
や「プレスリー」などの映画を高校、大学時代によく見に来たものである。
それ以前はここに「尾山倶楽部」という金沢を代表する娯楽の殿堂があり、
歌舞伎や芝居をやっていたという。
長谷川一夫、山田五十鈴、エノケン、ロッパなど一流どころの来演も
あったという。
次の写真のマンションのところとは違うかもしれない。正確には分からなかった。




















また少し歩くと、「滝の白糸」の碑が建っていた。
これは泉鏡花の作品の「義血侠血」のなかのヒロイン滝の白糸が
村越欣也に水芸を見せるということから、その水芸をモチーフしている。
像の下のセンサーに手をかざすと水が出てくる。




















ここの道は鏡花の出世作の「義血侠血」の舞台として有名なので
「鏡花のみち」とも呼ばれている。
その先に、「友禅流し」の歌碑があるが、この歌は郷土の乙田修三さんが
作曲したもので歌手の牧村三枝子さんがうたっている。
私もカラオケで何度か歌ったことがある。




















天神橋は昭和30年に建てかえられ鉄筋になっているが、やはり泉鏡花の
「義血侠血」の舞台になっている。
卯辰山に行くにはこの橋を渡っていくのが一番ポピュラーだ。




















帰りに橋場町の喫茶店「禁煙室」で一服した。
ここは昭和55年開店というからかなり古い。そのころ私は東京にいたが、
金沢に帰省して友人と会うときによく利用したが、駅前ビルや広阪
にもあった。
今は名前は「禁煙室」だが、タバコのすえる喫茶店として売り込んだいる。




















橋場町、並木町界隈の散歩(1)、(2)の散歩時間1時間40分、
歩数4300歩でした。

より大きな地図で 並木町 を表示

3 件のコメント:

  1. いつも楽しくまた、訪れた地方・場所等、当時を想い出しながら拝見しております。
    両親の出身が島根県でしたので、特に山陰・中国地方は子供の頃から社会人の間何回も訪れ思い出が沢山ある地方です。

    「友禅流し」は金沢出身の方が作曲されていますが、その地方のゆかりのある方が歌うのですが、なぜ牧村三枝子さんだったのでしょうか?
    金沢出身の歌手の方も大勢いたと思うのですが?

    牧村三枝子さんは北海道の炭鉱で有名だった美唄市出身です。
    昔、NHKの故郷探訪で美唄炭鉱跡と美唄駅を結んでいた三菱鉱業美唄鉄道跡や炭鉱町跡を懐かしく訪れていたのを見ました。

    牧村三枝子さんの持つ魅力・歌唱力等が「友禅流し」の曲の雰囲気にぴったり!だったのではないでしょうか?

    返信削除
  2. 牧村三枝子さんが、なぜ「友禅流し」を歌ったかはよく分かりません。誰か教えてくれませんか。
    ちなみに金沢ゆかりの歌謡曲には、「加賀の女」北島三郎、「香林坊ブルース」西田佐知子や五木寛之作詞の「金沢望郷歌」松原健之、「浅野川恋歌」田川寿美などを知っています。
    他にもあるようです。

    返信削除
  3. 二つの映画館にはよく行きました。どちらかが、あやしげな舞台を持っていたのも、まあ、その時代を象徴しているような気がします。「月光仮面」を観るためにスター劇場の前に並んだこともあります。6月30日早朝、金沢中央走ろう会の例会に久しぶりに参加し、あまり走れないので、歩くメンバーに参加し、東山を歩きました。東山と言えば、侠客・綿津屋政右衛門が偲ばれます。誓願寺の越野佐助の墓、全性寺の宝生紫雪、龍国寺の宮崎友禅斎の墓、階段を登ってへとへとになって出会った心蓮社の寺島蔵人の墓などが印象的です。この界隈は、是非残して欲しい金沢らしい場所です。たびたび来たいと思います。最高斜度の坂もあるし、ドナルド・キーンが絶賛した夜景もあるし、金沢市民も堪能してほしい場所です。

    返信削除