2013年7月23日火曜日

東山(3)茶屋街

前回に続いて 茶屋の部屋の中を公開している「懐華楼」に入った。
以前、ここの斜め向かいにある「志摩」という店には、東京から観光に来た
親戚の人や友達などと2度入ったことがあるので、今回はここ「懐華楼」に
した。
昼は一般公開して、夜は「一見さんお断り」で、華やかにお座敷が上げられ
ているとのことである。




















何と190年たっている金沢でも一番大きい茶屋である。
紅殻色の壁の大座敷で、ちょうど新潟から来ていた団体客と一緒に
芸妓さんと思しき人のユーモアたっぷりの説明を聞いた。部屋には
「花嫁のれん」が展示されていた。




















また道路側にある前座敷は壁が群青色で、ここで芸妓さんのおどりを
お客さんが見る部屋である。お客さんが床の間を背にして座ると、正面に
遊芸をする控えの間があり、太鼓や鼓が置いてあった。








































離れの部屋は、芸妓さんが踊りにでる際の準備や休憩をするところである。




















また、金沢らしいきらびやかな金箔の畳の茶室もあり、贅を尽くした
豪華絢爛の部屋を見ることができた。




















次に金沢工芸の代表的な金箔の店が何軒かあるが、今回は「箔座ひかり蔵」
という店に入った。ここも昔の茶屋を改装したした店である。




















ここで注目したのが、2万枚の金箔を使ったという黄金の蔵は見ごたえがあった。
1枚が1/10000ミリという金箔をどのようにして貼っていくのか店員に聞いたが、
よく理解できなかった。ちょっと想像もできない。








































その他、金箔を施した皿、バック、アクセサリーなどいろいろな小物が販売
されていた。




















帰りに茶房「素心」という店に入り一服した。
窓側に座って外を眺めると、茶屋街が並び、江戸時代にタイムスリップした
気分になった。




















茶屋街の玄関の行灯の上にツバメの巣があり、子供ツバメがいて、周りにツバメ
がよく飛んでいた。




















茶屋街の奥に「菅原神社」があるが、ここは茶屋街の鎮守社である。




















東山はお茶屋の風情を感じ、金沢の名店で舌づつみし、さらに雑貨店で
お土産探しができるという、今、金沢で最も魅力のあるところである。
茶屋街としては京都祇園に次いで、全国で2番目に重要伝統的建造物群
保存地区に指定された。

より大きな地図で 東山3 を表示

4 件のコメント:

  1. 赤と青の漆喰の色、いいですね。
    色に何か名前が付いているのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 名前があるかどうかは分かりませんでしたが、いずれにしても格式高い部屋で、特別な人をおもてなしする部屋に使われたそうです。
      紅殻壁は金沢だけでなく他にもあるそうですが、群青壁は金沢特有のものらしい。紅殻色は町人に、また、群青色は武士に愛された色だそうです。
      どちらも蝋燭の火などで、一層艶かしくなる色ですね。

      削除
  2. いつも楽しく拝見させて頂いております。

    金箔はかなり薄いと思っていましたが、何と!「千分の1」ではなく「万分の1」と聞き驚いています。
    「金」(但し、純金:24K ではないと思います。)だから薄く薄く出来ると思います。
    確かに、こんなに薄い薄い金箔をどの様に貼り付けるのか、貼り付けた時に当然発生する「シワ」をどうやって伸ばす(?)のか全く想像出来ません。

    また、それ以前に金の板(?)をどのようにしたら「万分の1」の薄さまで伸ばせるのか、厚さのバラツキ(差)はどの程度なのか?こちらも全く想像出来ません。
    昔からですので、職人さんの経験と勘に頼る部分の比重がかなりかと思います。
    金沢に金箔を作り加工している会社が多いと聞いています。
    もし、工場等を見る機会がありましたら聞いて頂ければと思います。

    返信削除
    返信
    1. 金箔の製造工程は、大変手間のかかるもので、匠の心意気と技によりミクロの世界を生み出しているという。
      第1工程では金に微量の銀や銅を加えて高温で成形する。そして3/100ミリほどに圧延機で伸ばす。
      第2工程では上澄といって、澄打ち用の紙を使い、打ち延ばす。そして
      3/1000ミリにする。
      第3工程では箔打ち用の紙に挟んで機械で打つ。これを何べんか繰り返して1/10000ミリまで延ばすという.箔打ち用の紙の性質が命らしい。
      実際に1/10000ミリの金箔を手でで触ったことがあるが、指の湿気で解けて無くなってしまうほど薄い。
      これを金閣寺や仏像などにどうやって貼ったかは、後日、誰かに聞いて
      みます。

      削除