2016年7月31日日曜日

春日神社(中村町)

前回の「中村神社」の続きで、この中村神社の前にはスーパー銭湯「満天の湯」がある。いろいろなお風呂があって人気のあるところだが私はまだここには一度も入ったことがない。




















その前には、大きなショッピングセンター「金沢アピタ」がある。最近は郊外にたくさん建ち古参になったが、町中から一番近い大型ショッピングセンターで重宝している人も多いであろう。




















その「金沢アピタ」の裏の通りを歩くと「春日神社」がある。「春日神社」は、日本に数多く神社があるが、その中でもっとも一般的な形態をよく残している神社といわれる。この神社は井戸水が湧く森の中に佇む社としても知られている。




















ここの境内にも多くの木々があり、ケヤキ、タブノキ、クロマツなど樹高30mに達するものが35本とツバキ、ヤツデ、ツツジなどの低木380本あると立札に書かれていた。


























拝殿の中は「梅鉢の紋」の幕が張られており、その御神徳は「五穀豊穣」、「商売繁盛」、「家内安全」、「身体安全」と生活に密着したものだという。昭和62年に百年に一度ともいえる大工事で拝殿を新しくしたという。ここは、糸田、増泉、石坂、中村、大豆田地区五箇荘の総鎮守社である。




















拝殿の前には金色の立派な「春日神社」の扁額がかかっていた。




















社殿の前の両側にある狛犬の右側にある両足が上がっている狛犬




















奈良県の「春日大社」の杉が平成11年にここに植樹されたものだと石碑に書かれていた。


























色鮮やかな朱色の鳥居が並んでいる「稲荷神社」があり、食べ物の神を祀っていて「商売繁盛」の神として信仰されている。写真の右側には何本も並んだ朱色の鳥居が回廊をつくっていた。この鳥居をくぐり「出世稲荷神社」をお参りするのが一般的な作法といわれている。
本殿の前には狛犬でなく狐像が飾られていた。




















ここも「春日神社」の名のとおり「春日灯籠」がたくさん立ち並んでいる。鹿の彫刻もなされている。

0 件のコメント:

コメントを投稿