2016年8月3日水曜日

グリルオーツカ

今回は、前田土佐守家資料館で講習会があった後、昼食のために木倉町から1本入った通りの近くにある「グリルオーツカ」に行った。




















ここは、1957(昭和32)年創業の老舗洋食店で、名前は聞いたことあるが、どこにあるのか知らなかったが、3か月ほど前にNHKのテレビ「鶴瓶に乾杯」で放映されていたので、どういう所か知りたいと思い行った。北陸新幹線開業以来、金沢名物の「ハントンライス」でよくテレビで放映されるようになり結構有名になった店だ。




















平日の昼であったが、夏休みに入ったので家族連れの観光客が多く入っていた。ランチとしてステーキ、ハンバーグ、エビフライライスなどいくつかのメニューがあるが、何といっても「ハントンライス」を食べる人が多い。




















「ハントンライス」のなまえの由来は、ハンガリー料理からヒントを得たことから「ハン」と、「トン」はフランス語のマグロを意味するという。マグロのフライが元祖であるが、価格高騰により現在では白身魚やエビフライが主流となっている。ケチャップライスの上に卵焼きを載せ、その上にフライを載せ、ケチャップとタンタルソースをかけたものである。前回、別の店で食べたときには、えらい量が多かったので今回は「ハントンライス」の「小」にしたのでちょうどよかった。




















カウンターの壁には訪れたお客さんのサインや写真が所狭しと貼ってあった。

0 件のコメント:

コメントを投稿