2014年8月27日水曜日

東山茶屋街後方 宇多須神社、宝泉寺

東山茶屋街左後方に、以前このブログでも紹介した「菅原神社」があるが、またその後ろに大きな神社の「宇多須神社」がある。
ここは718(養老2)年に卯辰村一本松に多門天社として創建された。後に今の地に遷座し、俗に「毘沙門さん」と呼ばれて親しまれている。




















1599(慶長4)年に加賀藩祖の前田利家が亡くなり、2代利長が利家の御霊を祀るため、金沢城の鬼門の方向(北東)に社殿を建て「卯辰八幡宮」と称した。
明治時代になって町中に武士がいなくなり、活気がなくなったので金沢再生のために、明治6年に利家の神霊は、現在の尾山町に社殿を造営し、尾山神社に遷座された。




















ここは社殿を改修し、毘沙門天を合祀し、卯辰山の古名である「宇多須神社」として新たなスタートをしたという。ここは「金沢五社」のひとつである。
2月3日の節分の日には、ここの社殿の前で「ひがし」の芸妓さん達が一同に集まり、「舞」を披露し、その後集まった人たちに「豆まき」をする行事があり、多くの人でにぎわうという。一度は見たいものと思っている。








































また、境内の奥に5代藩主綱紀が幼少のときに「疱瘡」にかかり、3代の利常がここにある井戸の神水に酒を入れ「酒湯」として体にかけて治ったという井戸があった。




















次に、「宇多須神社」の横にある道を歩いた。すぐに金沢でも名だたる高級料亭「山乃尾」がある。
ここは高級というイメージがあり、私はまだ入ったことがない。




















ここで全国的に有名な工芸、書、食の総合芸術家である「北大路魯山人」が、金沢の文人の「細野燕台」の紹介で「山乃尾」の初代主人の太田多吉から料理の味付けや盛り付け、器との調和などを習い、これをきっかけにその後東京で「星ヶ丘茶寮」という美術鑑定や高級料亭を開業したという。




















さらに行くと、非常に急勾配名坂「子来坂」があり登った。




















ここは幕末に14代藩主前田慶寧が「卯辰山開拓」を行ったときにできた坂で、「旗や纏を立てた町民がまるで子供のようにはしゃぎながら坂を上がってきた」ということから付いたという。


























この坂を上りきる手前で右に階段を上ると「宝泉寺」がある。ここまで上がると結構息が上がって、汗が吹き出てきた。


























ここは「摩利支天」を本尊としているが、前田利家が戦場に行ったときにいつも冑の中に守護神として「摩利支天」を入れていたといわれる。




















また、境内の傍らにここにも芭蕉の句碑「ちる柳 あるじも我も 鐘をきく」があった。




















そして大きな「五本松」があったが、ここは泉鏡花の作品の「町双六」の舞台となったところである。


























その先に見晴台があったが、ここからは金沢の町の半分くらいが一望できる。(小立野台地の向こう側は見えない)
兼六園、金沢城や浅野川もはっきり見え、すばらしい眺めである。
東山を訪れる観光客や地元の人には、坂を上がる元気があれば是非見てもらいたい場所である。





















「子来坂」を降りると東山のメイン道路の隣の通りも観光客でいっぱいだった。

より大きな地図で 宇多須神社 を表示

2 件のコメント:

  1. いろいろと金沢と旅行先の情報を楽しくかつ良いな!と思いつつ読ませていただいております。

    さて、本日(8月27日)JR東日本から「北陸新幹線」長野~金沢間の開通日の案内が報道されましたので、
    一言いや二言三言以上もっと・・・します。

    現在、東京駅から金沢駅までは羽田~小松間飛行機使用で最短3時間ほど
    実際は待ち時間等考慮すると3時間30分か?ですね。

    鉄道利用では越後湯沢経由ほくほく線経由で4時間10分強。

    3月14日、からは北陸新幹線「かがやき」で最短2時間28分(長野-富山-金沢)、時間を気にせず「はくたか」でも飛行機より早くなるようです。

    「はくたか」の名前から 大昔、上野~金沢間(上越線経由)(今は、ほくほく線経由の越後湯沢~金沢ですが。)と
    長野経由(信越線経由)特急「白山」・急行「能登」を思い出しました。
    特に特急「はくたか」は昔上野駅から、長岡駅で進行方向が逆になるので、
    長岡駅に到着すると乗客皆座席を逆方向に倒し直しました。(新潟・柏崎への出張時良く利用しました。)
    他に、特急「白山」(信越線経由:北陸新幹線と同じ)で上野駅からでした。

    大昔、長野への出張の際特急「白山」、特急「あさま」を利用。(約4時間でした。)
    途中の横川駅で電気機関車(昭和43年頃はアブト式機関車)交換時間に「おぎのや釜めし」を購入、碓氷峠を軽井沢まで登る間に食べました。
    帰京時には食べずに持ち帰り、食後に炊飯窯として「炊飯」しました。

    北陸新幹線が来年3月14日に運行開始になり東京駅~金沢駅は、北陸新幹線利用が最短となりますので
    金沢の早春を求め、金沢へ来られる方も多数増えるかと思います。

    昨年秋、黒部宇奈月温泉駅近くで北陸新幹線の高架橋をみる機会があり、もうそろそろ開通かな?と思っていました。
    待ちに待った(?)開通ですね!

    ぜひ、早春更に通年の金沢の魅力!をお知らせ・伝えていただければと勝手に思っています。

    先の東日本大震災が発生前数日に九州新幹線の未開通区間(熊本~鹿児島中央)も同じ3月14日開通でしたが、開通数日前に
    東日本大震災(3月11日)が発生し大震災に埋もれ(当然ですが)話題にも上がりませんでした。(だいだい的に日の目!を表しかった事でしょう!)
    願わくは、重大かつ天地がひっくり返る様な事象が起こらない事を祈るしかありません。自然災害ですので。

    開通日の3月14日にとは多分無理かと思いますが、「As Soon As Possible」(可塑的速やかに)で金沢を訪れればと思っています。

    返信削除
    返信
    1. いつも見て頂き、また北陸新幹線や特急白山の話など丁寧なコメントを頂きありがとうございます。
      白山といえば私もいろいろ思い出があります。
      私が小学校6年の時(55年以上前)が初めて東京に行った時ですが、まだ特急でなく「急行白山」でした。そのころはまだ蒸気機関車で9~10時間くらいかかったと思います。夏休みだったので熱い時ですから窓は大きく開けていましたが、トンネルが近くなるとあわてて窓を閉めなければならない。閉め遅れると真っ黒な煙を浴びて顔にススが付いてしまう。
      また、今は「妙高高原駅」であるが、その頃は「田口駅」だったと思うが、その付近を走っている時は勾配があるのかノロノロに走っていて、いつも眠ってしまったことを思い出します。
      そして碓氷峠を走る時はアブト式だったので、やはりノロノロでいくつもトンネルをくぐり、トンネルとトンネルの間は同じような谷と道路ばかりだったという印象があります。横川に着いたら、ほっと一息で私も「釜飯」を食べるのが楽しみでした。
      東京の会社にいた時の20代の独身の頃、帰省で金沢へ帰る時もいつも「白山」でした。上野駅で山手線から一番奥のホームの「白山」に乗り換えるのも大変で、お盆や正月休みの時に人が一杯の列車に飛び乗ったら直江津まで立ちっぱなしのこともありました。
      それが来年からは2時間28分で来るのですね。
      新幹線が開通したら、是非金沢へ来てください。丁寧に、何日でも案内しますよ。今、金沢は新幹線開通に向けて、熱く変貌しようとしています。
      私も、また気軽に東京へ行けることを楽しみにしています。

      削除