2014年8月13日水曜日

西茶屋街 夏まつり

今回は西茶屋街で「夏まつり」のイベントとして、普段の値段より安く、踊りや料理、太鼓遊びが体験できるということで午後の6時から参加した。


























場所は西茶屋検番の2階で行われた。ここでは西茶屋街の芸妓たちが集まって定期的にきびしい「けいこ」をしているところだ。




















舞台のある大広間には観光客も含めて100人くらいの人がいた。天井を見ると明かりとりのためか、広間の真ん中のほうは高くなっていて窓があった。
「ひがし茶屋」は格式が高いが、ここ「にし茶屋」の芸妓さんは従来の慣習にこだわらずいろいろなことにチャレンジしているという。
芸妓さんは源氏物語の出てくる名前にしている人が多いという。そういえばこの近くで幼年時代をすごした室生犀星が昭和のはじめに芥川龍之介を西茶屋に招待したときに、龍之介が「しゃっぽ」という芸妓に心を寄せたという話を聞いたことがある。

最初は出された仕出し弁当を食べ、近くに座った人と談笑しながらビールやお酒も頂いた。いい気持ちになったところで芸妓さんの唄いや三味線が始まり、踊り方の芸妓さんが出てきて踊り始めた。








































その後、芸妓さんがお客さんの中に入り、お酌をしながら歓談したり、一緒に写真を撮ったりした。
私も積極的に話に参加し、二人の芸妓さんから名刺代わりという「千者札」というものを頂いた。これを財布の中に入れておくと、お金がたまるという言い伝えがあるという。




















三味線を弾いていた芸妓さんと話をしたら「自分は三味線は始めてから3年になるが、踊りはもっと前からやっている」と言っていた。
「一調一管」で全国的に有名な鼓の「乃莉さん」がいて、多くの人に囲まれて一緒に写真を撮ったり話をしていた。なんとなく貫禄があった。




















その後にお客さんが太鼓と鼓をたたいて遊ぶ「太鼓遊び」が始まり、2,3人の人が舞台に上がりたたいていたが、皆さん自信があるようでスムーズにたたいていた。




















最後に私の友人が勧められて舞台に上がり太鼓をたたいたが、非常にうまくびっくりした。そして彼のたたく音の中で「百万石音頭」をお客さんが大勢舞台に上がり踊りを踊った。私も踊りの輪に入り、前の人に合わせて何とか踊り、日ごろできない珍しい体験をし大変楽しいひと時を過ごした。




















帰りに1階に下りると、入るときには気がつかなかったが「女夫獅子」が飾ってあり、一方のは口に刀をくわえていたが、もう一方のは二枚の座布団の上に載っていて小さな獅子だった。




















外に出たら、夜の「西茶屋街」をはじめて見ることができたが、昼見るのとは違い情緒があった。
ただ「検番」の中は人で一杯だったが、外には歩いているお客さんはほとんど見られなかった。

より大きな地図で 西茶屋検番 を表示

2 件のコメント:

  1. いつも、いろいろ楽しみに拝見させて頂いております。

    今日、以下の記事が朝日新聞Digital 9月15日に「芸妓さん、自治体が応援 観光の目玉に「お稽古代」支給」で掲載されていましたので、お知らせ致します。

    金沢市の繁華街からほど近い「ひがし茶屋街(がい)」。日が落ちると、お茶屋の明かりがともり、笛の音がかすかに聞こえてくる。中の座敷では芸妓たちが、三味線や和太鼓に合わせて踊りやおはやしを演じる。
    芸妓は市などが主催するイベントにも招かれることもあり、季節に合わせた着物姿で優雅な舞を披露している。
    芸妓たちに、今年度から1人あたり年間9万円の「お稽古代」の支給を始めたのが金沢市だ。ひがし、にし、主計(かずえ)町(まち)3茶屋街の計41人に奨励金として支給する。石川県も昨年度から、1人当たり年間約14万円の支給を始めている。
    芸妓の数は約30年前と比べて半減し、約4割が60歳超というベテランだ。
    金沢・東山にある「ひがし茶屋街」の「福太郎」こと上山(かみやま)昭江さん(43)は22歳でこの世界に入った。稽古はほぼ毎日あり、東京の講師を含め6人の師匠がいるため、稽古代だけで毎月約10万円かかる。
    稽古の成果を披露する集まりの参加費用は月十数万円になることも。着物は稽古用、お座敷用、外出用と使い分ける。師匠へのお中元やお歳暮といった交際費もある。経費は年間100万円ほど。多い年は200万円もかかるという。
    「お座敷での報酬だけではまかないきれないので、補助金はありがたいですが、それでも厳しい」と話す。一方で「行政の支援でお金よりも大切な安心感を得られた」とも。「芸妓をめざす若い人にとっては親の理解を得るのも難しい。行政のお墨付きは親を説得する材料になるのでは」と期待する。
    金沢市観光交流課の担当者は「来春の北陸新幹線金沢開業を控え、今後は関連イベントなどに参加してもらう機会も多くなる」と話し、活躍の場を提供する形でも支援していく方針だ。
    (以上、朝日新聞Digitalから抜粋)

    以上から、先の「西茶屋街 夏まつり」での出費(それなりに楽しんだ?のでは)金額は致し方ない額と思われます。但し、記事上では「東茶屋街」です。
    これからは、金沢への新幹線開通で大勢の方々が観光に来られ、皆様それぞれに楽しんで行かれる事と思いますので、
    「夏祭り」だけでなく四季の金沢での楽しみ方(「芸者遊び」は庶民の遊び?ではありませんが)・過ごし方をお願い致します。
    記事の通り「金沢観光」「金沢観光交流」それに加え「いらっしゃい!(金沢の方言で何んと表すのか不明ですが。おいでやす ではないと思いますが)金沢へ!」の一つになるのでは?と勝手に解釈しております。
    「金沢へ行こう!」と感じさせ、色々魅惑のあるブログをお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. 朝日新聞の金沢の芸妓さんの記事を書いていただきありがとうございます。芸妓さんの事情を私もそれだけ知りませんでした。最近は、県外の大学を出たばかりの人が来てなりたいという話も聞いています。
      ところで、このブログは、私の気ままな散歩で適当に場所を選び、その町並み、歴史、文化などを紹介しています。新幹線に向けた県外の金沢観光客向けとしては書いていません。金沢の主な観光スポットであれば、せいぜい10箇所くらいしかありません。観光用に特化したブログにすれば、この10箇所くらいをいろいろな角度から見て何度も行くことになります。
      私の気ままな散歩で、私がまだ歩いたことがないところなど金沢のいろいろな所を巡りたいと思って、最近は少し寂れてきたところも廻っていますが、貴方の意見のように新幹線が来て、観光客を多く呼ぼうとしているのですから、今後そのことの題材について少し多くしていきたいと思います。
      よろしくお願いします。

      削除