2014年3月14日金曜日

兼六園 梅林 時雨亭(1)

兼六園の梅林の梅が咲き始めたということで見に行った。日曜日で穏やかな日だったので、多くの人が梅林を散策していた。(3月9日)
この梅林は、1968(昭和43)年に「明治百年記念事業」として、北野天満宮や大宰府、水戸偕楽園などの協力により全国の名梅を集めて造成された。現在は約200本の梅が植えられ、そのうち白梅が130本、紅梅が70本である。
八重寒紅、麻耶紅梅、白加賀など20種類あるという。







































梅林の中には小川が流れ、小さな雪吊もしてあり、風景が非常によかった。




















梅林の流れ沿いに、散策の途中に一息つける「舟之御亭」があった。
藩政期のころには桜ヶ岡の茶店付近にあったらしく藩主や招かれた家老などが園内を楽しみながら御亭に立ち寄り一服したという。これは絵図をもとに舟形の四阿(あずまや)を再現したという。




















私の子供ころには、この辺は芝生の広場と児童遊園になっていた。芝生の広場ではボール投げをしたり、児童遊園ではブランコ、すべり台、鉄棒のほかに珍しく「つり輪」があり、ぶら下がってみたが、どうやっていいのか分からなく苦戦していたのを覚えている。
この広場は、以前からいろいろな集会に利用されていたが、1917(大正6)年に衆院議員選挙で中橋徳五郎と戦った普通選挙運動の旗手で、後に大臣を務めた「永井柳太郎」がここで「来たり、見たり、敗れたり」で有名な落選演説をした場所だ。




















梅林の中に樹皮がえぐられた松の木があった。これは太平洋戦争のときに政府の指示でつけられた傷である。戦時中に飛行機の燃料にするために、松から松脂(まつやに)を採って松根油にして、それで飛行機を飛ばそうというものであった。科学的には可能だったというが、膨大な松脂を必要とし、実際のは使われなかったらしいが、使えるものは辺り構わずなんでも使おうという悲劇の時代であったことが想像される。




















梅林の裏手のほうにひっそり建っている塔がある.この塔は1933(昭和8)年に「ラジオ塔」として建てられたものだそうである。銅板葺屋根がお寺の塔の御堂のようで、下の石組みも見事で付近の風景にあっている。その当時は、まだラジオは珍しく「ラジオ体操」や「野球の試合」の実況放送が始まると、この前に人が大勢集まったという。

より大きな地図で 梅林 を表示

6 件のコメント:

  1. ラジオ塔とは知りませんでした。その当時の写真なんかあるんですかね?

    返信削除
  2. 私も知りません出したが、最近「金沢ナニコレ」という本を読んで知りました。
    当時の写真は、まだ、見たことありませが、いろいろ探してみます。

    返信削除
  3. 「ラジオ塔」について
    写真の「灯篭」に似た物ですが、明りを灯す場所(?)にラジオ受信機を設置し、皆さんが集まってラジオを聞いていたのではと思います。
    金沢での放送開始は昭和5年4月ですので昭和8年に建てられてますので通称に間違えは無いです。

    北陸(金沢)の放送局について
    NHK・金沢は昭和5年4月に開局(コールサイン・呼出符号:JOJK)で、当時日本全国での9番目でかなり古い開局です。
    最初はJOAK:東京、JOBK:大阪、JOCK:名古屋、JODK:朝鮮・京城、JOFK:広島、JOGK:熊本、JOHK:仙台、JOIK:札幌、JOJK:金沢、JOKK:岡山、JOLK:福岡 の順番です。
    コールサインは JO*KがNHKの初期時代からA~Z順番に、民間放送局へはJO*Rが同じく順番に割当られていました。

    民間放送局では「ラジオ北陸」(コールサイン:JOMR 現:北陸放送)が民間放送局としては全国で12番目の昭和27年5月10日開局です。
    開局当時は事務所(放送スタジオ?)が「大和武蔵店」にあったそうです。
    現在、北陸放送は略称(?)「MRO」ですが、MROはコールサインが由来で、金沢:JOMR 七尾:JOMO が割当られていましたので
    金沢のMRと七尾のMOを合体させ「MRO」とした様です。
    一般的には社名を略称としているのですが、北陸放送はコールサインを大切にしているのが読み取れます。

    とにかく、何でも北陸3県では金沢が一番早く・・・ですね。

    返信削除
    返信
    1. 昔の金沢の放送局について詳しく説明していただきありがとうございます。いろいろ知ることができました。「JOJK金沢第一放送です」は今でも耳に残っています。
      ところで開局当時の北陸放送のスタジオが「大和武蔵店」と書いてありましたが、「丸越百貨店」の間違いだと思います。私が住んでいたすぐ近くの「丸越百貨店」の確か4Fにありました。
      昭和27年5月に開局ということですが、実はその年、私が幼稚園時代で、私の通っていた幼稚園児たちが楽器演奏を北陸放送のスタジオでやったことをかすかに覚えています。私はトライアングル担当で「チーン」とやっていたと思います。他に、太鼓、シンバル、タンバリン、カスタネットなどの園児がいたと思います。どんな曲だったかはまったく覚えていませんが、何度も練習したことを思い出しました。

      削除
  4. 昨日の朝日新聞・夕刊の「各駅停話」叡山電鉄 八瀬比叡山口 題名:街頭ラジオに思いはせ を読んでいたら
    昨年3月14日 兼六園 梅林 時雨亭(1)の中で、兼六園・梅林裏手の「ラジオ塔」についての記述を思い出しました。
    概略写真は http://www.asahi.com/articles/ASH3B4FHZH3BUTIL01S.html で確認出来ますが、兼六園の物とは異なります。
    記事は 山の斜面に立つ灯篭のような「ラジオ塔」だ。街頭テレビならぬ街頭ラジオで、1939年に設置されていた記録があるという。
    (ラジオ塔写真には JOOKの文字はNHK京都放送局を表す と注釈されています。) 朝日新聞から転記。

    先に記載された様に、兼六園の「ラジオ塔」が立派で、京都より前(1933年)に作られています。
    皆さんが集まれる場所では「ラジオ体操」の時にラジオを入れ昔の本来の使用方法で活用されているのもあるとの事です。
    今は早朝兼六園への入園が出来ないので「ラジオ体操」は出来ませんね。

    色々「ラジオ塔」で調べてみましたら、石川県では兼六園と小松市芦城公園に現存するとの情報があります。

    「金沢は震災、戦災などにあっていないので昔の面影の残っているところがたくさんあります。」との事ですので
    「ラジオ塔」の様な地味(?)で珍しい(?)のを紹介して頂けたらと思います。

    返信削除
    返信
    1. 貴方のコメントから、「ラジオ塔 昭和初期」でネットで検索したら、今日「京都新聞」に、同じ京都で違う場所の「ラジオ塔」が、最近、往時の姿で放送し、復活したという記事を見ました。そして、この「ラジオ塔」の前で、幼児から80代のお年寄りまでの人がラジオ体操をしている写真が載っていました。ほほえましい光景です。
      戦前に約400基あったらしが、今は25基とのことですが、その場所に合った
      建造物に受信機が付けられているようですね。このテーマだけでも、いろいろ調べてみたり、現地を訪ねてみるのも面白そうですね。
      金沢城も、江戸時代に大火が3回、そして明治初期に城内からの出火で、藩政期の建物がほとんど無くなってしまいましたが、今、少しづつ再現されています。また、一時、金沢の古い町屋が壊され、だんだん少なくなっていたが、最近は見直され改修される事が多くなりました。
      まだ、他にも遺構や石碑などとして残っているものがいくつかあります。また、訪ねて紹介したいと思います。

      削除