2015年3月27日金曜日

のど黒めし本舗 いたる

今回は、今、金沢に来る観光客の間で食のブームになっている「のど黒」を、金沢に居りながら食べた記憶がないので、これを食べたいと思い、柿木畠にある「のど黒めし本舗 いたる」に行った。この店は北陸新幹線開業に合わせて3月14日に開業した。土、日は行列になるということであるが、今日は平日の昼なのですぐに中に入れた。




















「のど黒」は東京で開いたある店が大変好評だったことから、地元の店が開くようになった。特に人気に拍車をかけたのが、テニスの錦織圭選手の一言で、去年の全米オープンで準優勝をした直後に、「のど黒を食べたい」と発言したことから話題の魚となった。「白身の大トロ」といわれ、今では「金沢といえばのど黒」といわれるほどになったという。
この事から、観光客は金沢で食べたい魚ではカニやブリより人気があるということも聞きます。それで値段も急上昇したが、東京で食べるよりは金沢のほうが安いという。




















「のど黒」は喉が黒いことからその名前が付いたが、正式には「アカムツ」という。山陰地方などが有名だが、県内では能登や金沢でも水揚げされるので北陸名物にしたいという。
昔から金沢でもよく売っていたらしいがすぐ痛みやすいため、あまり口にしなかった。それが近年は冷凍技術がよくなり食べるようになったとある店の主人が言っていたのを聞いたことがある。
ここの店はカウンター席とテーブル席がある。




















カウンターの前で、店員さんが小さいお釜に炊き込みご飯を入れた上に、生ののど黒を載せ、バーナーで炙っていて、香ばしいにおいがしてきた。




















そして出てきたのが「のど黒めし」とおすましと菜っ葉の漬物である。




















食べ方があって、まずはそのままで食べる。白身の柔らかいほかほかした「のど黒」を食べると何ともいえないおいしい少し甘みがある脂の味だ。




















次の食べ方は、薬味としてゴマやわさび、ねぎなどを載せて食べるという。その中で、私はわさびをつけて食べるのが一番良かった。





















そして最後に、のど黒だしをかけて、お茶漬け風にして食べる。このだしは「のど黒の頭」からとったと言っていた。
カウンターの前には「のど黒の骨せんべい」と何か言われたがよく分からなかったが、のど黒からとったものが並べられていた。のど黒のすべてを使い切るということだった。

2 件のコメント:

  1. ここは、元から「いたる」だったような。。。
    のど黒めし専門店になったということでしょうか?
    それにしても美味しそう。
    しばらく、のど黒の相場が上がりそうですね。

    返信削除
    返信
    1. ここは、以前「魚焼いたる」という店でしたが、北陸新幹線開業とのど黒人気で、3月14日にリニュアルオープンしました。 チャレンジ精神旺盛な店長が、思い切って「のど黒めし専門店」で勝負をかけたということです。「いたる」は他に、このすぐ近くの「本店」と「香林坊店」があり、結構流行っている居酒屋です。
      今日の全国版のTV番組で「北陸新幹線ツアー」のなかで、この店の「のど黒めし」がでてきました。
      しばらくお客さんの様子を見て、いろいろ変わって行くかもしれません。

      削除