2013年6月1日土曜日

山陰、山口、宮島ドライブ(1) 足立美術館

5月19日から、山陰地方などへ5泊6日のドライブに出かけた。
朝6時過ぎに出発し、鳥取県の米子付近に着いたのが午後2時頃
になった。途中、午後になって雨がどしゃ降りになったので、この日
に巡る予定だった蒜山、大山は明日にし、足立美術館に行った。

足立美術館はアメリカの日本庭園専門誌でも評価が高く、これぞ
「ジャパニーズビューティー」といわれているところである。




















絵に描いたような風景で、広大な敷地に「枯山水庭」や「白砂青松」などの
すばらしい庭を見ることができた。

水を使わず、石の組み合わせや地形の高低差だけで「枯山水庭」や
横山大観の絵を表現した「白砂青松」を堪能した。






















建物の中に額縁のようになっているところから向こうに見える景色が
まるで絵の中に入っているように見えた。
観光客が向こう側に回り額縁の中に入り、写真を撮ってもらっていた。




















北大路魯山人や河合寛次郎の陶芸の作品などもたくさん展示して
あったが、カメラ禁止だったので紹介できないのは残念である。

帰りに喫茶室「大観」に入り、庭がきれいに眺められる場所を選んで
一服した。庭には鯉などいて、景色のよいところでのんびりできたのは
格別だ。








































本館と地下通路でつながる新館では、院展仲間の代表作や若手作家の
作品などの現代日本画を見ることができた。

入館料2,200円とちょっと高いが、これだけの庭の手入れ、展示物の維持
など十分になされているので仕方のないところか。

創設者の故足立全康の銅像であろうか?




















この日は米子のホテルに泊まり、ホテルの近くの居酒屋で一杯飲んだ。

より大きな地図で 足立美術館 を表示


0 件のコメント:

コメントを投稿